よむ

【コラム】僕はもしかしたら、とんでもない間違いをしていたかもしれません・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスで「集客」は大事ですね。
お客さんに価値を届けなければ、売上をあげ継続していくことはできないからです。

ただ、その「集客」という言葉を、クライアントさんや講座で伝える時に
そのまま使っているのは、とんでもない間違いだったのではないか?と最近感じているのです。

というのも「集客」をするための文章をみんなに考えてもらうと

■お客さんを集めようとする。売り込もうとする。
■自分主体になりがち。


になるからなのですね。

でも、僕らは「集客」されたくはない。
自分から自分に必要なものを得に行きたい。

ちなみに「集客」を英語では

attracting customers

と言います。

————————–
【attract】

〈注意・興味などを〉引く,引きつける
〈人などを〉(魅力などで)引きつける,魅惑する

————————–

つまり

「集める」

のではなく

「引きつける」「魅惑する」

わけですね。

主体は自分ではなく、相手にある。



でも、僕も、起業してすぐはこの罠に陥っていた側です。

集客なので

「集めなければならない」
「集めるためにはどうしたらいいのか」


となる。

これっていいでしょ?と自分が伝えたいことを伝える。
結果として集まらない(^^;

でも、相手が必要なコト、知りたいコトであれば、人は集まってくる。
集めるのではなく、集まってくる。

その意味では

「集客」

ではなく

「来客」

の方がしっくり来る気がします。

お客さんを集めるのではなく、お客さんに来ていただく。
つまり、お客さんが行きたくなる状態づくりですね。


その言葉のイメージで人は動きます。
その言葉のとらえ方が違うと、認識にずれが起こる。
だからこそ「正しく意図したことが伝わる言葉」って大事ですね。

「集客」は一般的なビジネス用語なので、これからも使います。
ただ、コンサルティングや講座の中では、意図して「来客」という言葉を使って
いくことにします。



【今日の経営のレシピ】

お客さんは集めるのではない。
お客さんに来ていただく。
お客さんが興味を持ち、魅惑されるサービスと文章にする。

2017年の「知識」と「仲間」を得る「公開講座」の案内はこちら。
ぜひ、実践のための学びと、青森で頑張っている起業仲間たちと出逢いに来てくださいね!

関連記事

  1. 【コラム】強みを磨き追随させない
  2. 【8月の公開講座】リピート率が上がらない12の原因
  3. 【コラム】女子大生に諭されました
  4. 【IT活用】ブログやSNS、チラシで使えるフリー写真素材
  5. 【コラム】枯れ木に花を咲かせましょ♪
  6. 青森における起業の輪を広げるために
  7. 【コラム】得た知識は〇〇していますか?
  8. 【コラム】仕事は楽しい。子どもが生まれてからも辞める必要を感じた…
PAGE TOP