イチロー選手がやっている「結果につなげる」秘訣

先週の土曜日から今日まで、青森&秋田行脚の1週間です。
火曜日は八戸のスポット利用できるスポーツジムで、木曜日は泊まったホテルにスポーツジムスペースがあるのでそちらで汗を流しました。

「出張先でも運動するなんてすごいですね!」
「体力ありますね!」

と言われるのだけど、

実は、これはイチロー選手など結果を出している人たちに共通している

「ある秘訣」

を僕も実践しているだけなのです。

それが何か知りたい方は・・講座に来てね!
とは言わずに、今日のブログで書きますね(笑)
その秘訣は・・

ルーティン
イチロー選手がバッターボックスに入る時に、いつも同じ入り方(しぐさ)をするのですね。
入る前にバットを膝の上において屈伸し、入ったら袖を引っ張りながら、バットを投手側のバックスクリーンに向ける。

僕らは、実は普段と同じリラックスした状態であれば、結果を出しやすいのですね。
でも、いざ試合、いざお客さんの前に立つ、いざサービス提供となると「緊張」します。

これが

「いつも通りの力、いつも通りの良さを発揮できない」

原因です。

そして、僕らがコントロールできるものは、思考と行動です。
生理反応や気持ちはコントロールできません。

緊張をほぐすには
「いつもと同じ状態」
にすることです。

そして、僕らはコントロールできる思考と行動のうち

「もっとも行いやすいのが行動」

なのです。
だから、いつもと同じ行動(ルーティン)をする。

そうすることで脳も、ココロも

「あ、いつもと同じ」

という平常心、平常脳になるのですね。

イチロー選手は、この他にも、練習の流れや方法などもルーティン化しています。
そして、結果を出している人はみんな、自分なりの

「ルーティン」

を持っているのですね。

僕のルーティン化(1)

3年前は青森出張は3泊4日、そして、昨年から1週間になりました。

そして、同じ宿ならいいのだけど、青森、弘前、八戸、今年からは秋田も行くコトになったのでホテルも転々とします。
なお、僕は視覚、聴覚、体感覚の3つだと、体感覚が優位なので、ホテルでくつろぐときに2つ弊害となるものがあるコトに気づきました。

それはスリッパと寝間着です。

そこで、まず、いつもの部屋着である、短パンとシャツを持ち歩くようにし、ホテルの寝間着を使わないようにしました。
部屋についたらそれに着替える。

その瞬間に、その場が自分の部屋のようなリラックスができるようになりました。

それからスリッパ。
ある時に、ちょっといいホテルに泊まった時に、使い捨てなのにすごく心地いいスリッパに出逢ったのです。

しっかりしてて、ふわふわで気持ちいいのです(^^)
「えっ?これ使い捨て?」と思うほど。
調べたら、1足あたり300円。
https://amzn.to/2sibtA7

1回で捨てると、ちょっともったいない気がしますが、1週間使うことを考えたら1日当たり50円くらい。
それで、快適なホテルタイムをすごせるのであれば、安いですね。

つまり、ホテルの部屋は変えられないけど、その中での過ごし方を、日常に近づける工夫をしました。
これにより、ホテルでのリフレッシュ度がグン!と上がりました。

僕のルーチン化(2)

僕は1週間の出張の中で、毎日、公開講座やコンサルティング、研修や経営塾などを行っていきます。
そして、僕が大切にしていることは、出逢った人たちに

「夢と勇気と笑顔」

を届けることなので、僕自身が、終盤に疲れてたら話にならない。
最後まで、全力で駆け抜けられる体力が必要。

そのために、以前は、週1回だったスポーツジムを、週3回~4回ほどに増やしました。
おかげで体力もつき、また、やってみて気づいたのが、体力増強だけではなく、僕は頭を使う仕事なので、このカラダを使う頻度を高めると、東京での日々のパフォーマンスも上がるのですね。

そして、これもルーティン化されたのだけど、出張中は、運動ができない。
ちょっとサイクルが崩れるのですね。

ところが、スポット利用できるスポーツジムを八戸で見つけました。
https://goo.gl/vbfL9Z

これも偶然、僕の講座にそのスポーツジムの店長が受講生で来ていて知りました(引き寄せですね(笑))
1週間の内でも1回でも、いつもと同じ、運動をするというサイクルを入れると、そこでリセットできるので、やはりいい状態を維持できる。

なお、常に八戸で時間の調整ができて、行けるわけではないので、リスク回避として、先日は、青森市でやはりスポット利用できるところを見つけました(^^)
秋田は、ビジネスホテル価格なのだけど、スポーツジムがついているホテルを見つけました(^^)

■自分は、どんなルーティン?

こんな感じで、自分がいつも通りの力を発揮できる状態にするための

「ルーティン」

を取り入れる。

あと、僕の場合、講座やホンキ経営塾の際の、準備も、イチロー選手のバッターボックスに入る時のようにルーチン化しています。
まず、僕自身も好きで、場の雰囲気が明るくなる音楽をスマホで流す。

僕の場合、ほぼ、この時点で「いつもどおり」になります(笑)
あとは、プロジェクターの準備や、講義中に見る卓上時計を置くなど。

これをすることで、主催以外にも、呼ばれて30名とか100名とか人数に限らず人前で話す時も「いつもと同じ状態」になれます。
元々は「人前に立つと緊張するタイプ」だったのですが、それがすっかりなくなりました。

なお、これができるようになるためには

「自分をちゃんと知る」

ということですね。

起業して1年目~3年目の人の支援をしていて感じるのが、みんな、商品やサービス、お客さんなど

「外への意識」

は向けるけど、実は最も影響し、最大の商品である

「自分をほっておきすぎる」

のです。
何気なく過ごしちゃダメですよ!起業した人は。

ぜひ、自分にとって

「平常心でお客さんに向かうことができる」
「出張など環境が変わったところでもいつも通りくつろげる」

ルーティンは何か?を考え、それを取り入れてくださいね!

 

【経営のレシピ】

自分がどんな場や状況でも

「平常心でお客さんに向かうことができる」
「出張など環境が変わったところでもいつも通りくつろげる」

ルーティンを見つけ、それを実践する。

かりやコージ

あおもり・あきたビジネス実践塾 代表/経営コンサルタント
1966年8月生まれ。法政大学卒業
東京都東村山生まれ

 

講座やコンサルティング、ホンキ経営塾を通して年間500名を超えるフリーランスや起業家、経営者のビジネスの相談課題解決に取り組む。
クライアントの頭の中を整理し、見える化すると同時に、具体的なアクションの選択肢を提示しながら進めていくのが得意。

夢は社員や子どもたちが
「社長みたいになりたいです!」
「ママ楽しそう!ママみたいになりたい!」
と言われる経営者や大人がいっぱいの社会にすること。

趣味は温泉、Jazzライブを聴きに行くコト。
マイナス10歳をテーマに週3日はスポーツジムでメンタルとフィジカルも鍛えるスポーツマンでもある。

関連記事

  1. やりたいことが多すぎて時間がたりない!思うように動けない・・

  2. 【コラム】苦しみがないのは違うのかもしれない

  3. 【情報】楽しい子育てライフがおくれるヒント in 青森市

  4. 【コラム】話さないで〇〇をすればお客さんが教室に集まる!

  5. メルマガをやめる日を決めています

  6. 青森における起業の輪を広げるために

  7. ビジネスが動き始めると出てくる「あるある」ネタ

  8. ワインを飲んでいる時間を無駄な時間だと思うな