【コラム】女子大生に諭されました

「知っていますか?
 週1回よりも週3日、週3日より毎日、鍛練すれば強くなれるんです」

先日、女子大生から言われた言葉です。


この間、大学の合気道の稽古へOBとして21年ぶりに参加してきました。
僕が大学を出たのが28年前。

今の現役の学生たちは、僕らが大学時代にまだ生まれていないんだ。。
そんなことをふと思いながら(笑)稽古をしていました。



そんな時に、僕よりも小柄な現役の女の子が稽古相手になったのですね。
そして、彼女が、両手で僕の方手をぐっと押さえこみました(刀を抜こうとする手を抑えるという動作があります)。

それを、技で返すのだけど、何気なくやろうとしたら動かない・・
ちゃんとていねいにしっかりやらないと技がかからない。


「すごいね!」

と声をかけた時に言われたのが、冒頭の言葉です。

合気道の稽古は、今は週に1回、青森出張があると日曜日の稽古に参加できないので、月に1回の時もあります。
一方で、学生たちは毎日鍛練しているのですね。


さらに、師範が来て

「21年ぶりか。どんな感じかやってごらん」

と手をもたれたら、こちらはもう一分たりとも動かない。

技も何もあったものじゃない。
師範は、もちろん自分の道場でも門下生に稽古をつけ日々鍛錬している。

僕と、その女子大生や師範との違いは、毎日鍛練しているかどうかの違いです。
まだ、師範は

「そりゃ、師範だからなあ」

と言えそうなものですが、女子大生もですからね。


いかに、日々鍛錬することが大切かを改めて感じました。

年齢、性別関係なく、だれでも鍛練して行けば磨かれ強くなれる。
これは、ビジネスでも、武道でも、スポーツでも、どんな習い事でも同じですね。


ビジネスも、目的・目標に向かって、とにかく毎日行動する。

何気なくやらないで、毎日少しずつ探求し、工夫をする。

振返ってみると、ビジネスもそれをするようになってからは、売上も上がり、うまくいくようになりました。

青森での経営塾も2ヶ月が過ぎ、目に見えて塾生たちの経営力がついてきました。
行動にぶれがなくなり、目に見えてお客さんの反応率が上がってきています。


なお、日々の鍛練、反復は

「何をすべきか」

がわからないと出来ないですね。

また、見よう見まねでやるよりも、ポイントをきちんと教わってからやった方が結果が出るのもはやい。
公開講座では、そうした「何をすべきか」を学びます。

プライベートコンサルでは、その人にあった「何をすべきか」を学び、さらに、実践し振返り軌道修正していきます。
そろそろ自己流から卒業して、ちゃんと学んでみようかなという人は、まずは公開講座へ参加くださいね。

知らないよりも知っている方がうまくいきます(^^)

かりやコージ

あおもり・あきたビジネス実践塾 代表/経営コンサルタント
1966年8月生まれ。法政大学卒業
東京都東村山生まれ

 

講座やコンサルティング、ホンキ経営塾を通して年間500名を超えるフリーランスや起業家、経営者のビジネスの相談課題解決に取り組む。
クライアントの頭の中を整理し、見える化すると同時に、具体的なアクションの選択肢を提示しながら進めていくのが得意。

夢は社員や子どもたちが
「社長みたいになりたいです!」
「ママ楽しそう!ママみたいになりたい!」
と言われる経営者や大人がいっぱいの社会にすること。

趣味は温泉、Jazzライブを聴きに行くコト。
マイナス10歳をテーマに週3日はスポーツジムでメンタルとフィジカルも鍛えるスポーツマンでもある。

関連記事

  1. 【コラム】得た知識は〇〇していますか?

  2. 夢と勇気と笑顔

  3. 【コラム】猫から学ぶ経営術

  4. 女性社長比率トップ「青森県」

  5. フェイスブックのなりすまし申請に気をつけよう!&「友達一覧」の公開範囲…

  6. 【IT活用】ブログやSNS、チラシで使えるフリー写真素材

  7. えこひいき宣言

  8. やりたいことが多すぎて時間がたりない!思うように動けない・・