よむ

【コラム】あなたは「もう」派?「まだ」派?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、突然ですがあなたは「もう」派?「まだ」派?ですか?

以前は、僕は「もう」派でした。

「もう年末だ。早いなあ」

「もう、今年も10日しかないんだ」

「1月も、もう半分が過ぎちゃった。早いなあ。」

そして、独立してからしばらくは、まだこれが続いていたのですね。
でも、ある時から「まだ」派になりました。

「今年も、まだ、10日もある」

「1月も、まだ、20日なんだ」

という感じです(^^)

でね、
この違いって、どこで生じるんだろう?と考えてみたんです。

これは「そう思おう」というものでもない。

要は「そう感じている」ので、この「感じる」状態を変えなければダメ。

そして、気づいたのが「もう」派の時は

■日々同じことを繰り返ししていた時

■何気なく過ごしていた時

でした。

そして、「まだ」派になった時は

◆自分が得たい未来に向けて何をしたらいいか?

◆先日のメルマガに書いたように半年や1年の「テーマ」を決めて、何か行動をする時に「どうしたらよさそうか?」と考えるようになった時

なのですね。

前者と後者で、行動レベルで何が違ってきたかというと、後者の場合は

◆何か新しいことに取組む

◆日々の中でもちょっと工夫をしてこれまでとは違う、もう一段上の仕事をする

ことなのですね。

意識していることは、計画(スケジュール)を立てるコト。

まず1年の予定をざっくり入れる。
ここは東京で活動する日。
ここは青森で活動する日。
毎月、この曜日は、何か新たなことのために空けておく。

そして、月ベースで、ここでは、こんなアクションをしていこうと決める。
あとは、日々の中で、翌週から3週間くらいまでの予定を、具体的に入れていく。
さらに、日々の行動をする中で、この行動を今年のテーマに照らし合わせて考えると、どうしたらよさそうか?を考える。

つまり、圧倒的に、考えて行動を組み立てるようになりました。

これ、面倒と言えば面倒なんです。

楽なのは、日々、目の前にあることを「こなす」ことだから。

でも、結果としては、今日までの間に

◆雑貨店の定例MTG
◆契約している法人プロジェクトでの仕事
◆千葉県での農業経営者を対象とした研修

◆創業明治28年の新しいクライアントさんのコンサルティング
◆渋谷や函館や青森の起業女子の方たちのサポート
◆青森での公開講座の年末までの予定の組み立て
◆要望を受けて、新たな連続塾の構成と計画への組み込み

で、合間を縫って

◆スポーツジムに通いカラダと気力のメンテナンス

などをしているので、カレンダーを見た時に

「まだ10日しか過ぎていないんだ」

「まだ、今月も10日ある。この濃さで行けば、あと10日っていろんなことができるなあ」

と感じるわけです。

もちろん、僕はちょっと変わってて、ビジネスが趣味であり、ライフワークになって
いるからのことなので、みんなはこの中にもっともっと家族やプライベートの時間
などをいれてOKです。

大事なことは、何気なく過ごさないということです。
自分を満たしながら、ぜひ、何気なく過ごさずに、未来を、2017年を創り上げて行ってください(^^)

自分の未来は自分しか創ることはできないし、自分の未来を創ることは起業家の経営者の
大事な仕事です。

かりやコージ

かりやコージ

投稿者の記事一覧

あおもり起業女子塾 代表/ITと経営の両方がわかるコンサルタント
1966年8月生まれ。法政大学卒業

講座やコンサルティングを通して年間100名を超えるフリーランスや起業女子、経営者のビジネスの相談や課題解決に取り組む。
まとまらない思考を整理し、見える化すると同時に、具体的な選択肢を提示しながら進めていくのが得意。

夢は社員や子どもたちが
「社長みたいになりたいです!」
「ママ楽しそう!ママみたいになりたい!」
と言われる経営者や大人がいっぱいの社会にすること。

プライベートでは合気道(二段)。三段の昇段に向けて日々鍛錬中。

関連記事

  1. 【コラム】なぜ、自分の強みを活かしきれないのか?
  2. 【情報】楽しい子育てライフがおくれるヒント in 青森市
  3. 【コラム】苦しみがないのは違うのかもしれない
  4. 【コラム】女性社長比率トップ「青森県」
  5. えこひいき宣言
  6. 【IT活用】ブログやSNS、チラシで使えるフリー写真素材
  7. 【コラム】~しなければならないということはない
  8. 【IT】フェイスブックのなりすまし申請に気をつけよう!&「友達一…
PAGE TOP