起業家塾について

あおもりビジネス実践塾って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕自身は、事業会社での企画営業や人材教育を経て、1998年からコンサルタント
として活動を始めました。

そして、2004年に独立起業して会社を設立。

コンサルタントとしては元々はベンチャー企業や上場会社を対象と
したIT活用やプロジェクトの企画運営のコンサルティングをしており
独立してからは、個人事業主や店舗などの支援も同時並行で開始しました。

また、現在は雑貨店の経営もしています。

そんな中、2011年にLoveaomoriProject隊長の後藤清安さんと出逢った
のが縁で青森の起業家や経営者を応援するために、毎年、青森へ来ています。

2016年からはそれまでの青森市だけではなく、三沢や八戸での公開講座や
経営塾も開始しました。

あおもり起業女子塾
なお、青森でも時代の流れと共に起業家育成やセミナーなどの開催も
増えてきており、いい流れになってきていますね。

ただ、店舗や会社経営している人にとっては、事業経験を持った人が
サポートするのとしないのでは大きな違いがあります。

なぜなら、ビジネス上のリスクを予測し、事前対応する中で、実際の
事業で起こる課題がどんなことなのか、気をつけるべきことは何なのか
を知っていることでより精度の高いフィードバックが出来るからです。


あおもり起業女子塾
また、ビジネスを本気で展開して行こうと考えている起業家や経営者に
とっては、チームによる経営の仕方を知っていること、法人取引経験が
豊富なこと、金額ベースもある程度の規模までの経験があることは大事です。

なぜなら、ビジネスを進めて行き、順調に進んでいくと扱う金額が増えたり
法人取引が始まったり、チームを組んでのビジネスに移行するタイミングが
くるからです。


その時により具体的かつ有効なフィードバックをする上では、いわゆる
テクニックや机上の理論ではなく、実践経験はとても大きな意味を持つ
からです。

さらに青森だけではなく、東京での活動をしているということも
重要です。

なぜなら、やはりビジネスの最新情報は東京の方が入手が早いし、
また、圧倒的にサポートする件数も多く経験値が豊富になり、より
有効なフィードバックが出来るからです。


そして「あおもりビジネス実践塾」は、起業して1年目~3年目の方を中心に

すぐやめるのではなく、5年、10年とビジネスを続けていく意思がある人

将来的には、チームでのビジネスや企業などの法人とのビジネスも
 視野に入れている人

東京の最新の情報を、そのままではなく青森に合致するようにカスタマイズ
 して提供してもらうことで、より効果的にビジネスを進めて行きたい人

難しい話をするのではなく、個人や店舗経営者でもわかる話し方や
 事例で学びたい人

のための実践的な学びと起業家仲間をつくるためのビジネスコミュニティとして設立しました。

あおもり起業女子塾
なお、僕が大切にしていることは「餅は餅屋」です。

10人いたら10人とも強みも得意なことも違います。
そいて、会社の強みは、そうした人が集まり組織になり、役割分担
出来ることです。

一方で、起業すると、ある部分経営に必要な、意思決定、マーケティング
集客、商品開発、商品提供、アフターフォロー、経理処理、事務処理
ITの活用などを一手に行う必要が出て来ます。

でも、これに対して得手、不得手があります。
だからこそ、すべてを自分ひとりで抱えるのではなく、同じ立場の
経営者同士、起業家同士が強みと得意なことで支援する相互支援の
コミュニティは、起業した人にとって必要不可欠です。

だからこそ、この塾では

ひとりひとりの既にある強みを、人生やビジネスで活かせるようにすること
を大切にし、同時に受講生同士が

お互いのことを知り、強みで支え合えるコミュニティ

を創り上げています。

あおもりビジネス実践塾
ぜひ、僕の知識や経験を、そして、青森で同じ立場で頑張っている
起業家のコミュニティを、あなたのビジネスを軌道に乗せるために
どんどん活用してください。

そしてそれは、勇気を出して、公開講座へ参加するという一歩を踏み出させば
手にすることができます。


「まだ、自分は講座や塾で学ぶのは早いし・・」

と言って、自分の可能性を狭めないでくださいね。

「講座って初めて参加したけど、たくさんのことに気づけました。
それに、同じように頑張っている仲間がこんなにいるとわかって
自分ひとりじゃないんだ!と勇気が湧いてきました。」

そんな声が多い「学び」と「つながり」の場は、いつでもあなたを待っています!

あおもりビジネス実践塾 代表 かりやコージ
かりやコージ あおもりビジネス実践塾

関連記事

  1. お問い合せ
  2. 代表 かりや コージ Profile
PAGE TOP